スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタクが外国人に好評中

オタクって言うとアニメや声優さんだとか、コスプレにメイドカフェなんてイメージで、ちょっとキモイ。だけど外国人の日本ツアーには、アキバ見学が含まれたりで、日本のオタク文化が評価されているみたい。

どうもオタクのイメージは、古くは宅八郎だっけかな、とにかくやたらぼさぼさの長髪でメガネ。でもって何かやたらとアニメだの漫画に詳しい奴。

でもってオタクは最終的には、どっかキモイ。何でかって言うと、社会性に乏しいと言うのかな。だってアニメも漫画も実存の人物じゃないキャラに、やたら入れ込むわけだから、やっぱり何処か変なイメージだよね。

ただ外国人からすると、オタクはこだわりの表れで、あくまでも趣味に没頭する人達ってイメージみたいだから、不思議な感じ。

確かに外国人の人達の方が、自分の時間や家族との時間を大切にする感じがするし、仕事人間の日本人に比べると、趣味などの時間を大切にするのだろうね。

そういった外国人から見れば、オタクはまさに趣味を大切にする人。ただ日本の趣味に生きる人がオタクって言うのも、どうも国際的にそうなるのは、いかががものかと。

まあ盆栽いじりする人だって、あんな小さな木をいじくるわけで、ある意味オタクなんだよね。個人的な趣味って言うのは、極めると人と触れ合う時間を減らすものなのかもしれない。そう思えば、オタクの人達は究極の趣味に生きる人達なのかもなぁ。

ちょっと複雑だけどね。

センスのいい生活への応援ぽち、お願いします。m(_ _)m⇒ブログランキングバナー

スポンサーサイト

«くまぇりに懲役13年求刑 | トップへ戻る |  全裸750人の映画「パフュームある人殺しの物語」»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。