スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインの美人コンテスト失格者が提訴へ

スペインの美人コンテスト優勝者が、実は子持ちだったので失格したんだけど、今度はその優勝者が失格を不服として、主催団体を提訴するのだそうで。

今回スペインのカンタブリア州で行われた美人コンテストに優勝したのは、アンヘラ・ブスティーリョさん(22)。ブスって響きが、日本人にとっては思わず噴出しちゃいそうだよね。

とはいえミスカンタブリアに選出されたのだから、アンヘラ・ブスティーリョさんは、きっと美人なんでしょうね。

ただ主催者側としては、子持ちのミスを快く思わなかったようで、失格処分にしちゃった。でもってニュースが流れると、左派政党から批判されたんだと。どこかの州で起きたミスコンの結果に、政治の圧力が掛かるなんて、スペインは暇な国なのだろうか?

アンヘラ・ブスティーリョさんによると、同じ団体のミスター・韓田アブリアには子持ち男性の出場を排除する規定がない。なのにミスのほうは妊娠中や子持ちを排除するのはけしからん。と主張しているのだとか。

スペイン語は分かりませんが、英語だと男はミスターのままだけど、女性は結婚するとミスからミセスになりますよね。主催者側としては、子供を妊娠した時点で通常は結婚しているだろうから、ミセスとでも判断したのかな?

まあこの件についてスペインの与党、社会労働党はこの種の差別とは戦うべきと主張しているそうな。スペインの政治家はは暇なんじゃなくて、人権問題に厳しかったって訳だね。

ただ本来禁止事項となっているのならば、子供がいながら出場したアンヘラ・ブスティーリョに責任ありになるよね。文句があるなら出場前に言っておかないと。

中国でも整形した女性のミスコン参加でもめた事例があるようだけど、日本ではこの手の揉め事を聞きませんね。ヤンママなんていわれる人にも美人は多く、いずれ起きても不思議じゃないかもね。

何はともあれミスコンそのものが差別と主張する人たちもいるわけでして、この手の問題は常にクローズアップされますよね。

まあ当のアンヘラ・ブスティーリョには、美人に生まれてきたことに感謝していただければ。などと思っておりますです、ハイ。

スポンサーサイト

«旦那や彼氏に乗ってほしい車は世代差あり | トップへ戻る |  不二家は山崎パンの支援で来月全工場再開へ»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。