FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Officeが狙われている

Microsoft Officeの脆弱性が2006年は前年より4倍に増えたんだとか。ラックのコンピュータ研究所が発表したデータによると、どうやらOffice製品が狙われているみたいだね。

本来ウィルスだのスパイウェアだのってのは、Internet Explorerを狙うものが多かった。けど最近は個人情報取得の為、Office製品を狙うもの、特にWordが狙われているんだそうですよ。

まあ確かにOfficeは個人だけじゃなくって、企業でも使うところは多いからね。取引相手に送る時には、たいていOffice製品で作ったファイルなら、読み込めるはずだもんね。

そもそもMicrosoft Officeって、WindowsXPには標準搭載モデルも多かったし、狙うほうにすればOfficeの脆弱性を突くことが手っ取り早いrのだろうね。

しかも特筆すべきは、修正パッチの提供前に攻撃が行われる「ゼロデイ」攻撃が、0件から8件に急増していることなんだそうです。つまり脆弱性が公表される前に、狙われちゃうって事だよね。

それにしてもこういった脆弱性狙いをする連中って、本来凄く優秀な頭脳を持っているんでしょ。なのに何でそれを悪さに使ってしまうのか、もったいないよねぇ。

まあ対策としては電子ファイルに気をつけること、Office以外の製品でやり取りすることしかないみたい。それとWindowsVistaは大丈夫らしいので、パソコン買い換えるとか。

ニュースだと複数のウィルス対策ソフトでスキャンすると書いてあるけれど、複数のウィルス対策ソフトって、同時にインストールできいんじゃなかったかなぁ。

まあ何はともあれ、ファイルのやり取りには気をつけることしかないよね。怪しいサイトには近づかない、怪しいメールは開かないことが1番かな。

スポンサーサイト

«子供の給食費は親の昼食代より高い | トップへ戻る |  セクハラした男性アナが人事異動処分»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。