FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊世代の一人暮らし男性は火災に要注意

団塊世代の一人暮らし男性が、火災で命を落としてしまうケースが、増加中のようです。毎日新聞の金子淳さんの書いた記事を元に、お知らせしていきます。

団塊世代の中でも、子育てが終わった人たちは自由の身となる人が多くなります。また同時に企業のリストラによって、人減らしの対象にもなりがちなんですよね。

そういった団塊世代の中には、無職の人も多く一人暮らしをしている人も多いそうです。

熟年離婚をする人もいるでしょうし、仕事で単身赴任の人もいるでしょう。いずれにしても団塊世代に多いのは、結婚して妻にまかせっきりだった人。

それが一人暮らしを始めたことによって、イロイロな障害が起こってくるのでしょう。ストーブをつけっぱなしで飲酒しているうちに寝てしまうとか、寝タバコなども原因のひとつとなりそうです。

今までは注意してくれた人がいたけれど、一人暮らしを始めると自由と引き換えに、そういった危険性をもたらすことになるのですね。

団塊世代の一人暮らし男性に、火災の被害者が多くなっている事は事実なのですが、その本当の原因ははっきりとは分かりません。

ただ人生の後半に向けて、子供の旅立ちや妻との別れなど、団塊世代の一人暮らし男性には、生きる気力を失う人が多いと推測されているみたいです。

まあいずれにせよ、寒い冬には火を使うことも多く、また寝タバコなどは誰が行っても危険極まりないもの。

本来団塊世代は、そういった危険性を後世に伝えなければいけない筈ですからね、気持ちを引きしめて張り切ってもらいたいですね。

スポンサーサイト

«松坂大輔投手の高校時代を米紙が大特集! | トップへ戻る |  バレンタイン川柳発表、チョコは太るか痩せるのか?»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。