FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の薬で眠くなっても運転はやめずが4割

もうじき杉花粉症の季節ですが、花粉症の症状を抑える抗ヒスタミン剤は、くしゃみ鼻水を押さえると同時に、眠気とだるさをもたらしてしまします。

それでも車の運転をやめない人が4割いる事が、健康・医薬関連企業でつくる「健康日本21推進フォーラム」のインターネット調査の結果で判明しました。

もちろん病院で薬を処方する時には、眠くなるので車の運転はなるべくしないようにと注意を受けます。また薬局で販売されている薬にも、そういった注意書きはされています。

それでも4割の人が車を運転するわけですが、実は僕も花粉症ですが、やはり車の運転をしてしまいます。

そもそも花粉症なのですから、花粉を吸わなければくしゃみ鼻水や、目のかゆさに襲われることはありません。

そうなるとやはり車を使いたくなるものですし、職業柄車を運転しなければいけない人もいます。

もちろん飲み薬以外でも、マスクや目薬で対処することも可能です。とはいえ花粉の多い日などは、やはり飲み薬を頼ることになってしまいます。

花粉症以外でも鼻かぜの時に飲む鼻炎の薬などは、やはり眠さやだるさをもたらすことになりますよね。

花粉症などの薬で眠くなった時には、車の運転を控えることが大切ですが、眠くならない薬の開発にも力を注いで欲しいですね。

スポンサーサイト

«mixiの告白で轢き逃げ犯人が発覚 | トップへ戻る |  あるある大辞典は視聴率20%超で香港旅行のご褒美つき»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。