FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるある大辞典は視聴率20%超で香港旅行のご褒美つき

あるある大辞典2は、納豆ダイエットのデータ捏造からたくさんの問題が発覚しています。そして納豆ダイエット放送の週は、特別な意味がある週で視聴率が20%を超えたら、香港旅行のご褒美付きだったことが発覚しました。

あるある大辞典2が放送されていたのは、毎週日曜日の21時台。日本テレビの行列のできる法律相談所がお休みで、TBSはキムタクが主演のドラマ「華麗なる一族」が放送開始される改編期だったのです。

あるある大辞典2のプロデューサーは、この週こそが視聴率を上げるチャンスとばかりに、20%を超えたらコンペ名目で香港旅行に連れて行くと、ディレクターの尻を叩いていたのです。

あるある大辞典2で問題を引き起こした納豆ダイエットは、アメリカの教授の発言を捻じ曲げたもの。

当の教授は納豆の実験などしていなかったのに、納豆の摂取でDHEAを増やすことが可能だなどと、ウソのテロップを流す編集をしたのです。

しかもあるある大辞典2の捏造はこれにとどまらず、通信販売サイトにあったDHEAのグラフを勝手に引用しています。

あるある大辞典2は人気番組ながらも、裏番組に強豪が多く視聴率争いは激化していたのでしょうね。たしかに番組で取り上げられた食材は、翌日スーパーの棚から消えるとも言われる番組。

人気の維持の為には、視聴率を20%超えたら香港旅行のご褒美等と、真実を追うよりも人気稼ぎに走ったわけです。なんともお粗末なあるあるですね。

スポンサーサイト

«花粉症の薬で眠くなっても運転はやめずが4割 | トップへ戻る |  北島三郎は裸スーツより尻出しに怒り»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。