スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐うどんと環境汚染の関係

讃岐うどん人気は一気にブームになって、いまじゃすっかり全国区の食べ物。だけど香川県にとっては、うどんのゆで汁が環境汚染の元となるって事で、騒ぎになってる。讃岐うどんのゆで汁と環境汚染て、なんだか結びつかない気もするんだけど、どうやらそうも行かないみたいだね。

讃岐うどんはコシの強さが受けて、それまでは柔らかい物と思っていたうどんに、新たな食感をもたらした感じ。特に関東だとそばに比べて柔らかな食感で、うどんは何処か蕎麦よりも下に見られる、子供の食べ物的な見方もあったんだよね。

讃岐うどんはモチモチしたコシの強さが売りで、あっという間に全国区に広がったよね。そうなるとグルメブームに代表されるように、グルメな人たちは「まいう~」なものを求めて本場に殺到することになっちゃう。

讃岐うどんの地元香川県では、ここ数年売り上げが伸びていて、うどんを茹でるゆで汁が爆発的に増えてるんだって。まあそれだけでも問題になるわけなのに、さらに水質汚染を示す化学的酸素要求量(COD)ってのが、讃岐うどん店に関しては一般家庭の10倍もあるんだって。

別に讃岐うどんが有害ってわけじゃなくて、排水にうどんのでんぷん成分が流れ出すことで、CODの値が上がるんだと。だから他の飲食店以上に環境汚染の原因を作ってしまうんだって。

しかも香川にある讃岐うどん店は、殆どが小さな店舗で個人が運営するお店。本来は浄化槽を通して排水を流すことになっているけど、水質汚濁防止法は大きな店舗用の法律なので、取り締まれないのが現状なんだって。なので香川県側もどうする事も出来ないみたいなんだよね。

讃岐うどんブームで、香川のうどん店は売り上げが増えてウハウハなのだろうけど、名産品が水質汚染の引き金となってしまっては、どうにも印象が悪いよね。今後の対応に注目が集まりそうだね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000020-san-soci

スポンサーサイト

«プラセンタと女性の美容 | トップへ戻る |  セカンドライフとスポーツカー»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。