FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルのエイプリルフール

グーグルのエイプリルフールは、トイレネタ。といってもそこはグーグルらしく、トイレの排水溝を利用してインターネットに繋ぐというもの。アメリカンジョークなのかもしれないけど、ちょっと日本人にとってはネタとしてはきつかった感じだね。

実際の解説を引用すると⇒トイレを流すとGoogleの特許技術「GFlush^(TM)システム」が起動し、配管設備を経由してTiSP接続ノード数千ポイントのひとつに情報が送られ(大幅に中略)、最寄りのTiSP接続ノードに光ファイバー接続ケーブルの片方が届いたら、そこで排水管ハードウェアディスパッチャー(Plumbing Hardware Dispatchers =PHD)たちがこの接続ケーブルを拾って当社の世界情報ネットワーキングシステムに差し込んでくれます。

どうやらトイレを流すことで、ケーブルが配水管を流れ出す。その後そのケーブルを、人力でグーグルの世界情報ネットワークに繋いでくれるサービスが始まるって事。

どうやらこのPHDって言うのはグーグルのスタッフらしくて、下水管のなかをシュノーケル姿で動き回るらしい。実際想像すると、とんでもないひどいににおいの中での作業ってことになるよね。もっとも実際にはありえないといっても、その姿を想像させて笑わせようというのだから、どうしたって想像しちゃうじゃない。

ただ日本の場合は排水溝というと、汚水管といったイメージがあるよね。マンホールにも汚って書いてあるし、実際工事で蓋を開けてあると凄いにおいがするし。

まあグーグルにしてみれば電話回線を使ったADSLや、光ファイバー通信があるわけだから、それを配水管の中に入れても。なんていう軽いノリでのエイプリルフールなのだろうけど、どうも笑えない。

世界中の頭脳が集まるとも言われるグーグル、もっとセンスのいい話しにして欲しかったな。

センスのいい生活への応援ぽち、お願いします。m(_ _)m⇒ブログランキングバナー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000010-giz-ent&kz=ent

スポンサーサイト

«社会保険庁が年金納付記録を紛失 | トップへ戻る |  血液型を変えてしまう酵素が開発された»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。