スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液型を変えてしまう酵素が開発された

血液型って言うとすぐ思い浮かぶのが占いだけど、A型B型AB型のすべての血液をO型に変える酵素が、米ハーバード大などの国際研究チームが開発したんだって。

何のためにすべての血液型をO型にするのかというと、O型はすべての血液型に対して輸血できるから。だから今回の酵素があれば、緊急の時にストックしてある血液の過不足を、酵素でO型にすることで調整出来るって事だね。

でもって何でO型がすべての血液型に対応するのかというと、血液成分のひとつである赤血球は毛のような糖鎖で覆われている。でその糖鎖の先に結合している糖の種類で、A型B型AB型に分類されるけど、O型は何もついていないのでどの血液にたいしても輸血可能なんだって。

O型以外の血液は、糖の結合がそれぞれ違うから血液型が違うと拒否反応が出ちゃう。ただO型にはそれが無いから緊急時には血液型が分からないと、O型を輸血する。ってことなので、O型の血液を増やしておくと緊急用に役立つって事だよね。

一時しのぎにO型の血液を輸血して、その後患者の血液型を調べて適合する血液型の血液を輸血すればOK。

今までは緊急用にはO型を使用していたから、当然O型の血液は少なくなりがち。それが今回の酵素によって、他の血液型をO型に変えることが可能になるので、輸血用の血液の過不足が緩和されるって事だよね。

もっとも大本の輸血用血液が少なければ、当然意味を成さないわけ。献血のPRといった、基本的な事を充実させることが本来は必要だから、あまり酵素に頼ってもいけないよね。

もっとも最近は低年齢からの飲酒や、タバコの喫煙、メタボリックに代表される修かつ週間病。献血できるからだの持ち主が減っているとも言えそうだからね、今回の酵素を上手く利用して調整するしか無さそうだね。

センスのいい生活への応援ぽち、お願いします。m(_ _)m⇒ブログランキングバナー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000101-yom-soci

スポンサーサイト

«グーグルのエイプリルフール | トップへ戻る |  エイプリルフールを楽しむ事»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。