テレビ番組の記事一覧

スポンサーサイト

お笑いの世界

お笑い芸人の世界って、人気がすべて。ようするに究極の、結果が求められる世界なんだよね。 とくにここ数年はお笑いブームで、芸人がどんどん次から次へと出ては消えていく感じ。 もっともお笑い芸人の殆どは、決まったパターンのネタを持つタイプで、いわゆる漫才師という人が少ないよね。 オッパッピーの小島よしお、ムーディー勝山、フランチェンのスリムクラブ等々、ひとつのネタが受けなくなると終わるタイプ。 もっとも...

テレビ界はリストラの嵐

テレビ局にもリストラの嵐が吹き寄せているしくって、最近は番組の政策費用も削られているんだって。 その結果が出演者にお金を使わないってことから「おバカキャラ」が出てきたり、テレビ局のセットで番組が作れるクイズ番組が増えたんだろうね。 しかもここ最近はニュース番組のキャスターにも飛び火して、元日本テレビのアナウンサー福留功男のレギュラーが秋の番組改正で一気に無くなる。 テレビ局側からすれば高い出演料が...

エンタの神様に期待

エンタの神様って番組、笑いの殿堂と言っているけども、とにかく芸人のサイクルが早いよね。 小梅太夫はいつしかいなくなり、帰ってきたと思ったら白塗りの顔を黒くしちゃったり。摩邪もいつしか見なくなったねぇ。 あやまラッパーのですよもいなくなっちゃうし、ブス田キモ子のハイキングウォーキングも出てこなくなっちゃった。 それに入れ替わりが激しいので、初登場の時に笑えても次はダメだったりとか、ハズレの放送が最近...

手品のネタばらし

手品のネタをテレビ局がばらしたことに対して、マジシャン達が訴えを起こしちゃったね。確かに手品のネタがテレビで明かされてしまったら、今後マジシャンにとってはやりずらくなる。 手品の場合はあくまでもネタが分からないから面白いわけであって、マギーさんみたいに手品を漫談の道具にするマジシャンはあまりいないよね。落語みたいに落ちまで分かっていても、それを演じる人の芸を名人芸として楽しむような「粋」の世界と違...

NHKは捏造を否定

どうも最近はフジテレビ系の「発掘あるある大辞典」以来、うんちく物のテレビ番組に対しては捏造しているのではないかといった不安が、常に付きまとっている感じだね。 NHKにも情報番組「ためしてガッテン」があるのだけど、週刊現代が4月21号で捏造があったという記事を発表。コレに対してNHKは捏造を否定して、発行元の講談社に文章で抗議する事になったんだって。 この週刊現代の記事は、NHKのためしてガッテンの中...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

カテゴリー
最近の記事
ブログランキング

ブログランキングバナー

FC2ブログランキング
リンク

ブログ検索

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。